[PR]

 ニュージーランドで4日に開かれる環太平洋経済連携協定(TPP)の署名式に向けて、政府代表として参加する高鳥修一・内閣府副大臣は2日夜、同国北部オークランドへ出発した。高鳥氏は都内で記者団に「新たに参加したい国々への対応が大きな議題になる」との見通しを示した。

 参加12カ国の閣僚らは現地時間3日夜と4日午前に会合を開き、新規加盟国への対応などを協議。同日昼に協定の署名式を行った後、共同で記者会見する。

 政府は署名に先立ち2日、付属書などを含めて約2900ページからなるTPPの仮訳文を、TPP対策本部のホームページ(http://www.cas.go.jp/jp/tpp/)別ウインドウで開きますで公開した。