[PR]

 2日午前11時45分ごろ、広島県北広島町中祖の「芸北国際スキー場」で、小学校の授業の一環でスキーをしていた小6女児とスノーボードをしていた男性が衝突した。女児は体を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。男性も脊髄(せきずい)を損傷するなどの大けがをした。県警が衝突した原因を調べている。

 県警などによると、女児は同町立芸北小6年の近藤江里菜さん(12)。男性は長崎県佐世保市から来ていた飲食店経営者(38)。

 芸北小は同日午前10時すぎから毎年開いているスキー教室を実施。3~6年生の約60人がグループに分かれ、教諭やインストラクターら12人の指導のもとで練習していた。事故当時、近藤さんらは全長約500メートルの「初級者用コース」を滑走中で、終点の100~150メートル手前で男性と近藤さんが衝突した。近藤さんはヘルメットを着けていたという。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら