[PR]

 米大統領選の本格的な幕開けとなる民主、共和各党の候補者選びが1日、アイオワ州党員集会で始まった。民主党は、クリントン前国務長官(68)が勝利宣言をしたが、サンダース上院議員(74)との支持者獲得率の差は1ポイント未満で、ほぼ互角の戦いだった。共和党は、保守強硬派のクルーズ上院議員(45)が、実業家のトランプ氏(69)を抑えて勝利した。

 貧富の格差拡大などで有権者の間に広がる既成政治への不満が、両党の主流とされる候補者よりも、より先鋭的な主張をする候補者への支持となって表れた形だ。

 党員集会は、民主、共和各党が州内計約1700の地区で一斉に実施。民主党は99%の地区で集計を終え、クリントン氏の支持者獲得率は49・9%で、サンダース氏の49・6%と拮抗(きっこう)。アイオワ州では、原則として支持者獲得率に応じて代議員を選ぶため、ほぼ互角の結果となった。

 クリントン陣営は2日未明、勝利を宣言。アイオワ州民主党も「史上最も僅差(きんさ)」だとしたうえで、サンダース氏が獲得代議員数でクリントン氏を上回れないと発表した。ただ、AP通信などはまだ勝者を判断していない。

 クリントン氏にとってアイオワ州は2008年の大統領選の際にオバマ大統領に敗れた因縁の州。党員集会終了後、集会に現れたクリントン氏は「今夜ここに立つことができ、安堵(あんど)の気持ちでいっぱいだ」と支持者に笑顔で語った。

 一方、サンダース氏は1日夜、集会で「(結果は)互角だ」と胸を張った。同氏は、米社会で広がる貧富の格差是正や公立大授業料無償化、国民皆保険の導入など、既存の制度を大胆に変える「政治革命」を訴えてきた。昨年4月に出馬表明した際、同州でクリントン氏に世論調査で40ポイント以上差をつけられていたが、猛追した。

 また共和党は、開票率99%で保守強硬派のクルーズ氏が27・7%の票を得て、初戦となる州で勝利した。

 クルーズ氏は保守系草の根運動「ティーパーティー」(茶会)から支持され、「小さな政府」を目指すべきだとし、医療保険制度拡充やオバマ政権の外交方針を批判する一方、政権に妥協的な態度をとる共和党執行部にも批判の矛先を向けてきた。

 今回の勝利を受け、クルーズ氏は集会で「アイオワは、共和党候補や次期大統領が、ワシントンのエスタブリッシュメント(既成勢力)によって選ばれるのではないということを示した」と述べた。(デモイン〈米アイオワ州〉=佐藤武嗣)