[PR]

■ソフトバンク

 手術明けでも、「規格外」と言われるフルスイングは健在だった。柳田が2日、フリー打撃に臨み、左右の打撃投手を相手に計50スイング。場外1本を含む8本が柵越えした。「あとは実戦の感覚だけ」と手応えも上々だ。藤井打撃コーチも「振る力は相変わらずだね」。

 昨季はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成し、チームの顔に。だが、昨年11月に右ひじを手術した影響で、今キャンプは控え選手が中心のB組スタートとなった。

 ただ、首脳陣の想定を超えてい…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも