[PR]

 米アップルが、人工知能(AI)や仮想現実(VR)といった新分野への投資を加速させている。主力商品「iPhone(アイフォーン)」が失速気味で、株式の時価総額で世界トップの座をグーグルに明け渡したアップル。「多角化」で活路を見いだせるのか。

 アップルが着目するのがAIの分野だ。昨年秋以降、AIで独自の技術を持つ新興企業数社を相次いで買収している。その一つ、米エモティエント社は、動画などを見る人々の感情を読み取る顔認識技術に優れ、アップル製品に将来応用される可能性がある。

 AIを生かした自動車分野への参入も取りざたされる。世界中で開発が競われている自動運転技術には、多くの情報をもとに判断するAIの活用が欠かせない。アップルは技術者の採用にも力を入れており、市場では「将来はアップル製の自動運転車が登場するのでは」との観測が広がる。

 3D(立体)映像でVRを体験…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら