[PR]

 岐阜県警は2日、自称富山県氷見市のアルバイトの少女(17)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警高速隊によると、少女は2日午後2時半ごろ、岐阜県美濃市須原の東海北陸自動車道上り線で、指定最高速度の時速80キロを超える時速126キロで軽乗用車を運転した疑いがある。

 パトロール中の警察官が速度超過を見つけ、停止を求めたが逃走。約7キロ先で止まった。免許は持っておらず、20代男性が一緒に乗っていたという。県警は走行目的を調べている。