ギリシャ文字などが無作為に打ち込まれた1冊6万4800円(税込み)のシリーズ本「亞書(あしょ)」が国立国会図書館に納本され、発行者に「代償金」(本の定価の半額と送料)の一部が支払われた問題で、同図書館は2日、本を返却し、支払った代償金の返還を求めると発表した。いったん支払った代償金の返還を求めるのは初めて。

 国会図書館によると、「亞書」は昨年3~10月に78巻が納本され、オンライン書店で一時販売されていたことなどから「広く一般に頒布されている出版物」として受け入れ、規定に従い代償金の一部約136万円を支払った。しかし、高額本の大量納本が、ネットなどで「代償金目当てではないか」と問題視され、出版した男性(26)から面談や文書で出版の意図や頒布状況、作成部数などを聞き取った。

 男性は「納本は適法だった」と主張したという。朝日新聞の昨年10月の取材に対しても、男性は代償金目当てであることを否定した上で「芸術作品だった」と話した。

 国会図書館は男性の回答を踏まえ「亞書」が納本対象の「出版物」に該当するかを検討。内容がギリシャ文字や記号などの組み合わせで意味が理解できず、作成部数も少ないことから、出版物に当たらないと判断したという。

 男性は朝日新聞の取材に「概要…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら