[PR]

 2日午後5時20分ごろ、三重県多気町牧の伊勢自動車道上り線で、非常駐車帯に止まっていた中日本高速道路会社の作業用2トントラックに軽乗用車が追突した。押されたトラックの前にいた警備員2人が、その前の別の作業用2トントラックとの間に挟まれ、軽乗用車を運転していた男性とともに死亡した。

 警備員2人は同県亀山市野村1丁目、横山貴広さん(27)と同県鈴鹿市竹野1丁目、高芝久生さん(64)。軽乗用車を運転していたのは津市観音寺町、職業不詳平林典久さん(38)。

 県警高速隊によると、現場は勢和多気インターチェンジから北に約5キロで、片側2車線のほぼ直線道路の脇。のり面の工事後、警備員2人は看板などの片付けをしていたという。

 事故現場は一時、上りの走行車線だけが通れなくなった。