[PR]

 甘利明・前経済再生相の元秘書が関わったとされる補償交渉について、東京地検特捜部が2日、URの担当者から任意で事情を聴いたことが関係者の話でわかった。甘利氏やURの会見を受け、事実関係について、説明を求めたとみられる。

 政治家や秘書が口利きの見返りに対価を受け取ると、あっせん利得処罰法違反になる。同法違反に問うには、国会議員や閣僚としての権限にもとづく影響力を行使したかが焦点となる。特捜部は関係者から話を聞き、立件の可否を慎重に判断するとみられる。