[PR]

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が自宅で覚醒剤を所持していたとして、警視庁は2日、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、清原容疑者は2日午後8時50分ごろ、東京都港区東麻布1丁目の自宅マンションで、覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑いがある。「私のものに間違いありません」と容疑を認めているという。警視庁は、清原容疑者が覚醒剤を使用していたかどうかも調べる。

 清原容疑者はPL学園の主力として夏の甲子園で2度優勝。1986年にドラフト1位で西武ライオンズに入団した。96年にFAで巨人に移籍し、08年にオリックス・バファローズで現役引退した。引退後は、テレビやCMに出演していた。

     ◇

■清原和博容疑者の経歴

1983年4月 PL学園高校(大阪)に入学

 83年8月 1年生の4番打者として夏の甲子園に初出場して優勝

 85年8月 甲子園に5季連続出場。2度目の全国制覇

   12月 ドラフト1位でプロ野球・西武の入団が決まる

 86年10月 高卒新人記録の31本塁打をマークし、新人王を獲得

 89年6月 史上最年少で100号本塁打

 90年12月 史上最年少の23歳で1億円選手に

 96年12月 巨人へのフリーエージェント(FA)移籍を発表

2004年6月 史上31人目の2千本安打達成

 05年4月 史上8人目の500号本塁打

   12月 オリックス移籍を決断

 08年10月 現役引退