[PR]

 9月に経営統合するコンビニ3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスは、新たに設立する持ち株会社の社長にファミマの上田準二会長(69)が就く人事を固めた。3日午後にも発表する。

 ファミマがユニーグループを吸収合併し、持ち株会社をつくる。持ち株会社の名称は「ユニー・ファミリーマートホールディングス」にする予定。

 ファミマの中山勇社長(58)がコンビニ事業担当の副社長、ユニーの佐古則男社長(58)はスーパー事業担当の副社長にそれぞれ就く見通し。コンビニの店の名前は「ファミリーマート」に一本化する方針だ。

 統合の立役者の上田氏を社長にし、統合後のコンビニの店舗数では肩を並べる業界首位のセブン―イレブン・ジャパンを追う。

     ◇

 上田 準二氏(うえだ・じゅんじ)山形大文理卒、70年伊藤忠商事に入社。00年にファミリーマートに移り、02年3月から社長、13年1月から会長。69歳。9月1日付。

こんなニュースも