[PR]

 覚醒剤を所持していたとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の自宅から、警視庁が注射器やパイプを押収したことが、捜査関係者への取材でわかった。パイプには黒ずんだような跡があり、警視庁は、パイプや清原容疑者の尿を鑑定して覚醒剤を使用していたかどうかを調べる。

 捜査関係者によると、警視庁が2日午後8時過ぎに東京都港区東麻布1丁目の清原容疑者の自宅を捜索したところ、リビングのテーブルの上に袋に入った白色の結晶約0・1グラムと注射器1本が置いてあった。室内からは他に注射器2本、ストロー1本、パイプ1本が見つかった。

 簡易鑑定の結果、白色の結晶から覚醒剤の反応が出たため、警視庁は午後11時すぎ、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で清原容疑者を現行犯逮捕。注射器などの器具のほか、携帯電話4台を押収した。覚醒剤は袋に入っていた量や状態などから、一部はすでに使われたとみられ、警視庁は清原容疑者が使った可能性があるとみて調べる。

 捜査関係者の説明では、清原容疑者は「覚醒剤は私のものに間違いありません」と容疑を認めたという。捜索時は自宅に1人でいた。逮捕後に中野区の東京警察病院で診察を受け、警視庁本部に留置された。