[PR]

 茨城県つくば市吾妻3丁目のアパートの住民から2日午後11時5分ごろ、「隣の部屋で女性の騒ぎ声がする」と110番通報があった。県警つくば中央署員が駆けつけると、この部屋に住む小松美穂さん(28)が胸付近から血を流して意識不明で倒れていた。病院に搬送されたが、3日午前4時10分ごろ、出血多量で死亡が確認された。

 署は3日午後、室内にいた水戸市内原町、会社員丹野秀明容疑者(41)を殺人の疑いで逮捕した。丹野容疑者は小松さんの交際相手を名乗っており、「(ナイフで)刺したが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。部屋の玄関には、血の付いた刃渡り12センチのナイフが落ちていたという。

 署によると、署員が現場に到着した際、部屋の玄関にはかぎがかかっていた。声をかけると丹野容疑者がかぎを開けた。小松さんは外出着姿で、仰向けに倒れていたという。