資生堂は3日、約400億円を投じ、スキンケア化粧品をつくる工場を大阪府茨木市に建てると発表した。老朽化した大阪市の工場を移転して拡張する。2018年度に着工し、20年度の稼働開始を見込む。生産能力はいまより5割高い年約1億個。国内工場の建設は、1993年の舞鶴工場(京都府舞鶴市、06年閉鎖)以来という。