[PR]

 都市再生機構(UR)の上西郁夫理事長が3日の衆院予算委員会に参考人として出席した。甘利明・前経済再生相の現金授受問題に絡む千葉県内の再開発をめぐり、UR職員が甘利氏の元秘書と面談を重ねていた事実を認めたうえで、面会事実を甘利氏が把握しているかをURとして確認したことを明らかにした。

 URが公表した道路建設に伴う補償をめぐる千葉県白井市の建設会社との面談記録に基づき、民主党の大西健介氏が「金額交渉への介入そのものだ」と指摘。これに対し上西氏は面会事実を認めながらも、「補償額の増額を求める言動はなかったと考えている」と述べ、面会が補償には影響しなかったと強調した。

 一方で上西氏は、UR職員が面会の中で元秘書に「これ以上関与しないほうがいい」と伝えたことを認めたうえで、その発言の理由を「本来、当事者で行う話と考えたからだ」と説明した。UR側が元秘書の介入を不適切と認識していた可能性を示すものだ。

 1日に民主党が行ったURへの…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら