[PR]

 覚醒剤を所持したとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が出した家庭ゴミから、覚醒剤の成分が検出されたことが、捜査関係者への取材でわかった。これが2日夜の強制捜査につながったという。清原容疑者は所持の目的を「使用するため」と認めているといい、警視庁は使用についても調べる。

 捜査関係者によると、警視庁は、清原容疑者を逮捕した2日の前日までに、東京都港区にあるマンションの清原容疑者宅から出された家庭ゴミを捜査。一部の付着物から、覚醒剤の成分を検出したという。

 警視庁はこの証拠を元に、2日夜に覚醒剤取締法違反(所持)の容疑で家宅捜索し、約0・1グラムの覚醒剤を見つけ、現行犯逮捕した。捜査員が室内に入った際、いたのは清原容疑者だけで、左手に注射器とストローを持っており、他に注射器2本、黒ずんだパイプ1本が室内から見つかった。

 清原容疑者はこうした器具について「注射器は腕に覚醒剤を注射するため、パイプは覚醒剤をあぶって吸うためのもの」と話しているという。