[PR]

■石関貴史・維新の党国対委員長

 (民主党は)政権陥落した理由の検証、反省なしに新しいスタートは切れないと思う。岡田克也代表は(衆院本会議の)代表質問でも反省を素直に表されていると思うが、まさに代表のリーダーシップで民主党内に同じ気持ちが共有され、反省して新しいスタートを切れるかどうかだ。

 (民主と維新の党の)代表間で意見交換が始まっていると思うが、民主党という名前が持っているいい部分と悪い部分の意味合いを冷静に判断して、我々との合併の協議をすべきだ。

 (民主側が)センチメンタルな気分で「(民主党という名前に)誇りがある」とか「何度も『民主党』と書いてもらっているから民主党という名前にしておいた方がいいんじゃないか」という、そういうセコい損得勘定で考えるのであれば大きな合同には至らないと思う。(3日、記者会見で)

こんなニュースも