[PR]

 カラフルな魚に、きらめく海草――。博多湾にすむ生き物たちの姿を見てもらおうと、福岡市東区で水中写真展が開かれている。「身近な博多湾も、潜ればこんな世界が広がっている」。それを伝えようと、ダイバーたちが企画した。

 黒や黄の水玉模様のミズタマウミウシが、赤いウミシダやチゴケムシと潜む。悠然と泳ぐアカクラゲ、おどけた表情の魚のイソギンポ、海草にかくれんぼするタツノオトシゴやマダコ――。カラフルな水中写真はすべて博多湾で昨年、ダイバーが撮影したものだ。

 「これを見て、福岡の海に誇りを持って欲しいんです」。この「博多湾の水中写真展」を企画した一般社団法人「ふくおかFUN」の代表理事、大神弘太朗さん(30)は言う。

 大神さんは福岡市のダイビングインストラクター。19歳から各地の海に潜ってきた。地元の博多湾で潜るたび、特に湾の入り口に近い北西部では、海外や沖縄に負けないほど豊かな生態系があることに気づいたという。「水中の世界を伝えられるのはダイバーだけ。『福岡の海は汚くて生物も少ない』というイメージがあるなら、それは僕らの責任でもある」。そう考えて一昨年12月、海の自然を伝える「ふくおかFUN」を立ちあげた。

 昨年2月、福岡市内外のダイバ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら