[PR]

 J2岐阜の春季キャンプが4日、沖縄県西原町で始まった。昨季リーグ最多の71失点だった守備面の強化を目指し、この日は約2時間、攻守の切り替えなどを確認した。

 昨季はけが人が続出した影響もあり、リーグ20位と低迷した。その反省を生かし、今季はDFを中心に各選手が複数ポジションを守れる準備を進める。3年契約の最終年となるラモス監督にとっても正念場のシーズンだ。「キャンプでは戦術面を磨いていきたい。今季は少しでも多く勝ちたい」と話した。

 16日までの期間中、J1川崎やJ3相模原、盛岡との練習試合を予定。28日のリーグ開幕へ向け、調整していく。