[PR]

 トヨタ自動車は、米国で若者向けに展開する「サイオン」のブランドを廃止すると発表した。現行車種は今年8月から順次、「トヨタ」ブランドに切り替えていくという。

 トヨタは若者の顧客層を広げようと、2003年にサイオンのブランドを立ち上げた。スポーツクーペ「tC」などが人気で、06年の販売台数は17万台を突破。ただ、近年は伸び悩み、15年は約5万6千台にとどまった。米国市場では、主力の「トヨタ」と高級車「レクサス」の両ブランドに集中する。(ニューヨーク=畑中徹)