[PR]

 覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)を、警視庁は4日朝、東京地検に送致した。捜査関係者によると、清原容疑者は、注射と吸引の2種類の方法で覚醒剤を使っていたと認めているという。

 清原容疑者を乗せた車は午前8時40分ごろ、100人以上の報道陣が待ち構える中、東京・霞が関の警視庁本部を出発した。

 清原容疑者は逮捕後の調べに「注射器で腕に注射したり、ガラスパイプをあぶって吸ったりして使っていた」と話しているという。2日夜の家宅捜索では、覚醒剤約0・1グラムのほか、注射器3本やパイプ1本が見つかっている。覚醒剤は一般的に、吸引よりも注射の方が作用が強いとされる。