[PR]

 借金の取り立てのため、債務者の子どもが通う中学校に脅迫電話をかけて業務を妨害したとして、警視庁と山梨県警は、男2人を威力業務妨害容疑で逮捕し、4日発表した。

 逮捕されたのは、会社員の工藤拓(22)=千葉県船橋市=、自動車整備工の工藤直樹(28)=秋田県鹿角市=の両容疑者。拓容疑者は認否を留保、直樹容疑者は否認しているという。

 警視庁によると、2人は昨年1月22~27日に計6回、ヤミ金から金を借りていた40代の自営業男性の子どもが通う山梨県南アルプス市の中学校に電話し、男性の名を挙げて「全校生徒を殺す」「爆弾が爆発する」と脅し、授業を打ち切らせたり、校内の捜索をさせたり、生徒を集団下校させたりするなど、業務を妨害した疑いがある。警視庁は、2人が取り立て目的で脅迫電話をかけたとみている。