[PR]

 東芝は4日、2016年3月期の業績予想を下方修正し、純損益が昨年12月時点に予想した5500億円の赤字から、7100億円の赤字に拡大する見通しだと発表した。営業損益の赤字幅も3400億円から4300億円にふくらむ。送配電・変電システム事業で採算がとれない受注について損失を引き当てたり、家電事業のリストラ費用がかさんだりするのが響く。売上高の予想は6兆2000億円で据え置いた。

 同日発表した15年4~12月期決算は、売上高が前年同期比6・4%減の4兆4216億円、営業損益は2295億円の赤字(前年同期は2017億円の黒字)、純損益は4794億円の赤字(同1072億円の黒字)だった。