[PR]

 4日午前11時5分ごろ、大阪市天王寺区大道2丁目の無職男性(85)方付近から出火。大阪府警と市消防局によると、木造2階建て住宅の1、2階計約80平方メートルが焼け、1階から男性1人が意識不明の状態で救助されたが、間もなく死亡が確認された。府警は住人の男性とみて身元確認を進めている。男性の妻(81)も顔にやけどを負った。

 東に約150メートル離れた大阪市天王寺区寺田町1丁目の市立聖和小でも、児童30人が頭痛や吐き気を訴えて病院に搬送された。火災の煙を吸い込んだとみられる。

 天王寺署によると、住宅には夫婦2人が暮らしていたとみられ、妻は「揚げ物の料理中に火が出た」と話しているという。

 現場はJR天王寺駅の北東約700メートルの住宅街。