NHK「歴史秘話ヒストリア」で4月からキャスターを務める井上あさひアナウンサーが4日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で会見した。最近まで歴史に苦手意識があったという井上アナは「もっと早く歴史の魅力に気づけばよかった。幅広い年齢層の方と歴史の面白さを共有しながら、一緒に楽しんでいきたい」と抱負を語った。

 井上アナは昨年3月まで4年間、「ニュースウオッチ9」のキャスターを務めた。「ニュース番組を担当したことで、歴史が今につながっていることを実感した」と振り返る。昨年4月に京都放送局へ異動し、さらに歴史を身近に感じるようになった。「私たちの今はどうなっているのか、10年後はどうあるべきか、歴史と対話しながら考えていきたい」

 「歴史秘話ヒストリア」は2009年4月に放送が始まった。今春から放送時間は水曜午後10時から金曜午後8時に変わり、セットも一新される。スタート時から案内人を務める渡邊あゆみアナからバトンを受け継ぐことに、「私もあゆみ先輩のヒストリアのファンの一人。恐れ多く緊張するが、この緊張をいい方向につなげたい」と話した。

 木道壮司チーフ・プロデューサーは「井上アナは視聴者目線に立つことができる人。歴史の不思議を視聴者と一緒に発見していく番組にできれば」と話している。(松本紗知)