[PR]

 韓国外交省当局者は4日、慰安婦問題に関する日韓合意について、存命の元慰安婦46人のうち、韓国に住んでいる14人が肯定的に評価したと韓国メディアに明らかにした。政府の決定を受け入れるとの考えを示したり、個別補償への期待を伝えたりしたという。

 外交省は昨年末の合意翌日、支援団体の施設に暮らす元慰安婦ら計14人に内容を説明し、厳しい批判を浴びた。

 その後、残る32人への説明に着手。韓国に住んでいる28人のうち、18人に直接説明したところ、14人が肯定的に評価した。その一部にはソウルの日本大使館前に設置されている元慰安婦を象徴する「少女像」の移転問題で合意が破棄され、支援を受けられなくなるのではないかと懸念する声もあったという。一方、4人は「納得できない」「首相が直接謝罪する必要がある」などと否定的な反応を示した。10人とは意思疎通が難しかったり、面会を断られたりしたという。

 海外に住む4人のうち、3人は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら