トヨタ自動車が5日発表した2015年4~12月期決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比6・5%増の21兆4313億円、営業利益は同9・0%増の2兆3056億円、純利益は同9・2%増の1兆8860億円だった。いずれも4~12月期としては過去最高だった。

 東南アジアの景気低迷などの影響で、世界全体での販売台数は減少した。だが、もうけが大きい高級車の販売が米国で好調で、円安により円換算した海外での利益が膨らんだ。16年3月期の業績見通しは、売上高と営業利益は据え置いた。純利益だけ200億円引き上げて2兆2700億円とした。

 愛知製鋼の工場爆発事故による生産停止の影響は、「今の時点では精査をするのは不可能」(大竹哲也常務役員)として、業績見通しに織り込まなかった。