「セプテンバー」などのヒット曲で知られる米国の人気バンド「アース・ウインド&ファイアー」の創設者でリーダーのモーリス・ホワイトさんが米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で死去したことが、4日わかった。74歳だった。米メディアが広報担当者の話として伝えた。パーキンソン病を患っていたという。

 米ニューヨーク・タイムズ紙などによると、ホワイトさんは、米テネシー州メンフィス生まれ。6歳で教会の聖歌隊に入り、高校時代にはプロのドラマーとして活動していた。

 1969年、米シカゴで前身グループ「ソルティ・ペパーズ」を結成。その後、ロサンゼルスで、グループ名を「アース・ウインド&ファイアー」に改め、70年にレコードデビューした。

 耳になじみやすい旋律や、裏声のフィリップ・ベイリーと織りなすボーカルのハーモニーを、金管楽器が彩るディスコサウンドで世界的な人気を得た。「セプテンバー」「宇宙のファンタジー」「レッツ・グルーヴ」などの大ヒット曲を生み出し、「70年代の最も人気で名誉あるバンドの一つ」(同紙)だった。

 世界でのアルバムの売り上げは9千万枚以上。バンドでグラミー賞を6回受賞したほか、個人でも同賞を受けた。日本でも数多くのライブを開き、人気を集めた。(金成隆一=ニューヨーク、岡田慶子)