[PR]

 安倍晋三首相は春の大型連休中にロシアを訪問し、プーチン大統領と会談する方針を固めた。安倍首相は領土問題の解決に強い意欲を見せており、プーチン氏との対話を通じて交渉の進展をめざす。合わせて、欧州の主要7カ国(G7)各国の訪問も行う方向だ。

 首脳会談の場所について、安倍首相は外務省にロシア側の意向を重視するよう指示しており、地方都市を念頭に調整している。ロシアはウクライナ問題やシリア情勢などで、欧米との関係が悪化。プーチン氏はまず日本との関係改善をめざす方向で、安倍首相と認識が一致した。

 両首脳は1月に電話で協議し、安倍首相の訪ロを決めた。今回は両首脳の対話継続に重点を置くため非公式会談とし、「公式文書や声明を発表する予定はない」(政府高官)という。

 日ロ両政府は2015年内のプ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも