[PR]

 自宅で覚醒剤を所持したとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の尿から、覚醒剤の陽性反応が出たことが5日、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は今後、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いでも立件する方針。

 捜査関係者によると、清原容疑者は2日夜に同法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。その後、警視庁の求めに応じ、尿を任意提出した。鑑定の結果、尿から覚醒剤の成分を含んでいることを示す陽性反応が出たという。

 警視庁は、清原容疑者が2日の夕方に自宅に戻る前、東京都内のホテルに滞在していることを確認。室内の遺留物から覚醒剤の成分が検出されたという。こうしたことから、警視庁は清原容疑者が覚醒剤を所持し、使っている疑いが強いと判断。2日午後8時過ぎに家宅捜索し、自宅のテーブルの上などに使いかけとみられる袋入りの覚醒剤や注射器、パイプ、ストローを発見した。警視庁は当初、押収した覚醒剤は0・1グラムとしていたが、正式に鑑定すると、0・047グラムだったという。

 清原容疑者は「覚醒剤は自分で使用するために持っていた。注射器は腕に覚醒剤を注射するため、パイプは覚醒剤をあぶって吸うためのもの」と供述している。

 組織犯罪対策5課は今後、覚醒剤を使用し始めた時期や動機、入手先を調べる。