[PR]

 川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん(当時13)が殺害された事件の裁判員裁判で、横浜地裁(近藤宏子裁判長)は10日、殺人と傷害の罪に問われた無職の少年(19)に対し、懲役9年以上13年以下の不定期刑(求刑・懲役10年以上15年以下の不定期刑)とする判決を言い渡した。

 検察側の主張によると、被告は遊び仲間だった18歳の少年2人=いずれも傷害致死罪で起訴=と共謀し、昨年2月20日午前2時ごろ、川崎市川崎区の多摩川河川敷で、上村さんの首をカッターナイフで何度も切るなどして殺害したとされる。また、事件の約1カ月前に上村さんを殴ってけがをさせたとして、傷害罪にも問われていた。上村さんがこのけがの原因を周囲に話したことに被告は怒りを募らせ、殺害に及んだとされる。

 弁護側は「カッターナイフを仲間に渡されるという偶発的な要素があった。被告は反省しており、矯正は十分可能だ」と主張。懲役5年以上10年以下が相当だと訴えていた。