[PR]

 バレーボールのプレミアリーグ女子のプレーオフが7日、京都・島津アリーナ京都で開幕する。出場6チームの監督と主将が5日、試合会場で記者会見に臨んだ。

 東レは17勝4敗でレギュラーラウンド1位。福田康弘監督は「この1週間はサーブの打ち込みに力を入れました。ここからは一発勝負になるので、強い気持ちで臨みたいです」と話した。峯村沙紀主将は「今シーズン積み上げてきたものを出しきりたいです」。

 15勝6敗で2位の久光製薬。中田久美監督は「大きなけが人が出ていない中で2位通過できたのは、まあ満足してます。どうやって点数をとるかという部分を一番意識してやってきたので、それが試合でどう出せるか」。座安琴希主将は「目の前の1本に集中して勝ちきりたい」と話した。

こんなニュースも