[PR]

 サウジアラビアのアシーリ国防相顧問は4日、内戦が続くシリアへの介入について、米国主導の有志連合軍が合意した場合、「サウジは地上作戦に参加する用意がある」と述べた。中東の衛星テレビ局アルアラビアが伝えた。

 サウジは有志連合の一角として、2014年から過激派組織「イスラム国」(IS)に対する空爆に参加しているが、これまで地上部隊の派遣については具体的に議論されてこなかった。

 一方で、昨年9月にシリアで軍事介入を始めたロシアが、アサド政権支援のためサウジと関係が深い反体制派を攻撃し続けており、アシーリ氏の発言は現状へのいらだちを示したものとみられる。(ドバイ=渡辺淳基)

こんなニュースも