累計2200万部を発行する原泰久さんの人気漫画「キングダム」のラッピング車両が、JR山手線で運行中だ。連載10周年を記念して集英社が企画。複製原画や、カラースケッチなどの未公開資料の「展示会場」として、15日まで毎日1編成が走る。

 「キングダム」は中国の春秋戦国時代を生き抜く若者を描いた活劇。2013年に手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。車内には剣を振る武将の迫力あるポスターなど107種類の資料が展示され、作者が下絵にペンを入れる様子を映した動画も流れる。11両編成で、奇数号車と偶数号車で展示内容が異なる。

 集英社宣伝部の伊藤亮さんが、車内のドア横にある広告スペースを額縁に見立てて複製原画を展示しようと発案した。「まだ読んだことのない人にも作品の面白さに気づいてもらいたい」

 ファンらは第1話の原案となっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら