[PR]

 兵庫県赤穂市の民家で5日、住人の男性(69)と妻(64)が頭などから血を流して死亡しているのが見つかった事件で、県警は6日、同居している孫で養子の会社員少年(19)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「私がしたことに間違いありません。3日に凶器で頭などを殴って殺害した」と容疑を認めているという。

 県警によると、夫婦は少年と3人暮らし。少年が5日午後1時25分ごろ、「おじいちゃん、おばあちゃんが居間で倒れている。出血がある」と110番通報した。県警が少年から詳しく事情を聴いたところ、殺害を認めたという。

 捜査1課によると、少年の逮捕容疑は3日午後3時~5日午後1時25分の間に、自宅で夫婦を何らかの方法で殺害した疑い。

 県警によると夫は透析治療を受けていた。事件前は3日が最後の通院で、夫婦は午後3時ごろに帰宅した。一方、捜査関係者によると少年は3日夜から外出し、帰っていなかったと供述している。県警は、夫婦が3日午後3時から夜の間に殺害されたとみている。

 夫は頭、妻は頭や首、背中などに複数の刺し傷や切り傷を負っていた。県警は刃物のようなもので襲われたとみているが、少年は「(凶器で)頭などを殴打した」と供述。凶器は見つかっていない。県警は司法解剖で死因などを調べる。

 知人らによると、少年は群馬県に住む夫婦の娘の子ども。数年前に夫婦と養子縁組して戸籍上の息子になり、赤穂市で同居するようになったという。

 勤務先の土木建設会社によると…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら