[PR]

 フェンシングのワールドカップ(W杯)は6日、ドイツ・ボンで男子フルーレ個人戦が行われ、昨年7月の世界選手権で日本人初優勝を飾った世界ランキング1位の太田雄貴(森永製菓)が1回戦で同119位のバプティスト・モラン(フランス)に14―15で敗れる波乱があった。7人が本戦に進んだ日本勢では、太田とともに2012年ロンドン五輪の団体で銀メダルを獲得した千田健太(阿部長マーメイド食品)の2回戦進出が最高だった。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら