[PR]

 昼下がりの住宅街。解体前の民家で「ダイナマイト」と書かれた古い木箱が見つかり、約50人の近隣住民が避難する騒ぎが6日、大阪府豊中市であった。

 業者が玄関付近で見つけ、消防車両も出動。「爆薬」と記された段ボールもあり、警察官が約10箱を慎重に開けると、皿、本、ゴム製の氷囊(ひょうのう、氷枕)……。

 「爆発物じゃなくてよかった」と近隣住民たち。民家で暮らしていた人は数年前に亡くなったといい、そんな箱がなぜ使われていたのか分かっていない。