[PR]

 覚醒剤を所持したとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の自宅や滞在したホテルのゴミなどから、昨年春以降に5回程度、覚醒剤の成分が検出されていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、清原容疑者が常習的に覚醒剤を使用していた疑いがあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、組織犯罪対策5課が清原容疑者について本格的な捜査を始めた昨年春以降、自宅や滞在していたホテル、出入りした知人の家のゴミなどから、覚醒剤の成分が検出されたことが5回程度あったという。ただ、清原容疑者以外の人物の出入りがあり、他人のものの可能性もあるため、慎重に調べていた。

 この間、清原容疑者が何度も車で群馬、栃木県方面に向かい、覚醒剤の密売人とみられる人物と接触していることを同課は確認した。今月1日にも、この2人が都内から別々の車で群馬方面に向かったことをつかんだ。清原容疑者が都内に戻って1人で滞在したホテルを2日に調べたところ、ティッシュに付着した汗から覚醒剤の成分が検出されたという。