[PR]

 ブータン政府は6日、同国のワンチュク国王(35)とジェツン・ペマ王妃(25)の間に第1子となる男の子が誕生した、と発表した。5日に首都ティンプーの王宮で生まれ、出産に国王も立ち会ったという。母子ともに健康といい、王室は「深い喜びに包まれている」との声明を出した。

 国王夫妻は2011年に結婚。結婚後初の外遊先に日本を選び、東北の震災被災地などを訪問。大きな注目を受けた。ヒマラヤの山国ブータンは、国造りに「GNH(国民総幸福)」を掲げていることで知られる。(貫洞欣寛