[PR]

 JR高山線の飛驒小坂駅(岐阜県下呂市)で6日午後7時53分ごろ、名古屋発高山行き特急ワイドビューひだ17号(6両編成、乗客約100人)が停止位置を約130メートル過ぎて止まった。JR東海によると、車掌が非常ブレーキをかけ、運転士は「よそ事を考えていて通過駅と誤認した」と話しているという。特急は駅に戻って客を乗降させ、11分遅れで出発した。