[PR]

 東日本大震災で大型量販店「コストコ多摩境店」(東京都町田市)の駐車場スロープが崩れ8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた1級建築士・高木直喜被告(69)=石川県野々市市=に対し、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)は8日、禁錮8カ月執行猶予2年(求刑禁錮1年6カ月)の判決を言い渡した。

 東日本大震災によって起きた事故で起訴された初めてのケースで、震災による建物被害で刑事責任が問われるのは異例。高木被告は控訴する意向を示した。

 判決によると、高木被告は前任者がつくった設計図を直す形で構造設計を担当。スロープと店舗建物が接する「つなぎ目」を鋼板からコンクリートの床に変えて強度を高める前提で、店舗建物とスロープを耐震強度が異なる構造に設計した。だが、このつなぎ目の変更を、他の設計担当者や施工業者に伝える配慮が足りず、鋼板のまま施工されたために、水平方向の揺れの差が生じやすくなり、スロープは震度5弱から5強の揺れで崩落。乗用車3台が下敷きになり、夫婦が死亡、6人が重軽傷を負った。国の基準では震度5強程度の揺れに耐えることが求められていた。

 判決は、高木被告が変更内容を正確に伝えなかった過失を認めた。この事故では、前任の設計担当者ら3人も書類送検されたが、東京地検は不起訴処分(嫌疑不十分)とした。判決は前任の設計担当者について「被告より責任が相当大きい」と言及。被告に長期の禁錮刑を科すと「処分の均衡を失する」と異例の指摘をした。

■裁判長「前任の設計者、被告よりも責任重い」

 東日本大震災による事故で刑事責任が問われた異例の裁判。東京地裁立川支部は8日、大型量販店「コストコ」の崩落したスロープの設計に関わった建築士の過失を認めた。設計に関わった他の関係者らの責任に踏み込んだ点でも、異例の判決となった。

 阿部浩巳裁判長は、起訴されなかった他の設計者らについて異例の言及をした。「業務上の注意を怠って事故を引き起こした責任がある」。特に、有罪とされた高木直喜被告(69)の前任の設計者について、「被告よりも責任は相当大きい」と述べた。

 この前任者ら3人も書類送検さ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら