中国の旧正月、春節の8日、中部空港(愛知県常滑市)で、名古屋市内の百貨店や量販店の関係者らが外国人向け情報誌「名古屋ナビゲーター」を旅行客らに配った。観光や買い物、グルメ情報をまとめ、英語、中国語など5カ国語で計10万部を発行。ホテルや観光案内所などでも配る。

 情報誌はジェイアール東海高島屋や大丸松坂屋百貨店、名古屋三越、ドン・キホーテ、マツモトキヨシなどが昨年7月に立ち上げた名古屋インバウンド実行委員会が発行。この日、各店の従業員が振り袖や制服姿で到着客らが詰めかけるロビーで手渡した。

 実行委の中村好明委員長は「国内ではライバルでも、インバウンド客に対してはみな仲間。結集することで名古屋を広くPRすることができる」と話した。問い合わせは、実行委事務局(jis@donki.co.jp)へ。(小暮純治)

こんなニュースも