[PR]

 サッカーのFC東京はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の本大会出場をかけ、9日に味の素スタジアムでチョンブリ(タイ)とプレーオフを戦う。本大会は23日に開幕する。

 8日には新戦力が入団会見を行った。23歳以下日本代表の右サイドバックとしてリオ五輪の出場権獲得に貢献したDF室屋成(21)=明大3年=で、プレーオフを勝ち抜けば本大会から出場できる。室屋は「プロとしてやっとスタートに立てた。ACLに出られたら最高だし、いい経験になる」。背番号は「6」に決まった。

 室屋は、昨年はFC東京の特別指定選手になっていた。明大サッカー部を退部してプロ入りすることについて、明大の栗田監督は「五輪の最終メンバーに選ばれるために、高いレベルの舞台で一枚も二枚も成長してほしい」と説明。室屋は「あと1年やりたい気持ちもあったけど、アジア予選を戦ってもっと上のレベルでプレーしたい気持ちが強くなった。活躍して恩返ししたい」と話した。

こんなニュースも