[PR]

 パナソニックが太陽電池をつくる二色浜(にしきのはま)工場(大阪府貝塚市)での生産を、今月中に休止することが8日わかった。太陽光発電の買い取り価格引き下げなどで、国内向け出荷が落ちているためだ。休止は10月までの見通しで、市況が改善しなければ再開できない恐れもある。ほかの大手も需要減に悩んでいて、生産調整が課題になりそうだ。

 パナソニックは買収した三洋電機から太陽電池事業を引き継ぎ、住宅向けでは国内首位という。生産拠点は国内は貝塚市と大津市、島根県雲南市の3カ所。国外はマレーシアにある。大津市と雲南市の拠点は休止はせずに減産を検討する。

 同社の年間の生産能力は全体で約90万キロワットで、工場ごとの数値は公表していない。二色浜工場は基幹となる部品の生産から組み立てまで担う。部品の生産量は全体の3割を占める主力工場だ。別会社に委託する方式でつくっていて、従業員は数百人規模とみられる。研究や開発などの部門は休止中も事業を続ける。

 太陽電池の国内向け出荷量は2012年ごろから急増し、電力の買い取り価格の引き下げでこのところ減速がめだつ。太陽光発電協会によると、15年7~9月の国内向け出荷量は前年同期比で26%減。パナソニックだけでなくシャープや京セラなども業績は落ちていて、対応を迫られている。(山村哲史、西村宏治)