[PR]

 鹿児島・宮崎県境の霧島山の一つ、えびの高原・硫黄山(宮崎県えびの市)周辺で7、8日、振幅の小さな火山性微動が2日連続で発生した。8日には福岡管区気象台が、火口内の南西側など2カ所で高さ5~10メートルの噴気なども確認。ただ気象台は「これまでの調査結果と大きな変化はなく、大規模な噴火につながるものではない」としている。

 気象台によると、火山性微動が発生したのは7日午後7時6分ごろから約5分間と、8日午後0時51分ごろから約2分間。火山性微動は今年1月2日以来。7日の火山性微動後には、火山性地震が8回観測されたが、8日午後3時まで発生していないという。