[PR]

 大分県で7日にあった別府大分毎日マラソンで、TBSは8日、取材中の音声担当者がコースに入って選手と並走し、選手や大会運営に迷惑をかけたとして、おわびの文書を公表した。

 同社によると、視覚障害者女子の部で優勝した道下美里選手がゴールする直前の約100メートルから、音声担当者がコース内に入り、マイクを向けて並走した。大会事務局や中継局の許可を得ていなかった。レース後、ディレクターが道下選手に謝罪し、大会事務局にも経緯を説明したという。

 ディレクターは、伴走者が道下選手にタイムを伝える声を収録するため「コース外で可能な限り」並走するよう指示したが、音声担当者がこの指示を理解できなかったという。ディレクターらが取材要項を完全に理解していなかったことなどが原因だとしている。