[PR]

 愛知県と名古屋市が県内で別々の大規模展示場の建設計画を持ち出している。大村秀章知事、河村たかし市長は8日も定例記者会見でそれぞれ持論を主張。県の計画は予算もついて動き出しているが、二重行政を避けるための両者の調整の行方は見えない。

 「昨年2月に1年待つと言って、それを過ぎた。河村さんに申し上げました。我々の方針はもう変わりません」。大村知事は、記者会見で言い切った。

 県は中部空港の空港島(常滑市)に6万平方メートルの展示場を造ると3日に発表。名古屋港に予定する名古屋市と調整するため河村市長からの具体案を待っていたが出てこず、大村知事がしびれを切らした。

 2020年の東京五輪で首都圏の施設が会場になるため、他のイベントの開催需要取り込みを図る。「19年にできていないと意味がない。時間との競争だ」。整備費は350億円で、新年度予算案に関連約3億6千万円を盛り込む。

 河村市長も諦めない。8日朝、市幹部会で「県は県でセントレア(中部空港)を盛り上げるのは重要。しかし名古屋港を盛り上げるのも大変重要」と述べた。

 市は名古屋港の稲永ふ頭で展示場の用地確保がうまくいかず、河村市長は空見ふ頭で検討中と急きょ3日に表明。県と同じ19年開業を目指し、5万平方メートルで整備費を250億円とする。

 だが、調査費の予算すらまだつ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら