都の西北、早稲田大学のそばにある洋食店が20日で看板をおろす。創業から34年。500円前後の九つのメニューと皿からあふれそうな大盛り料理が、多くの学生や卒業生らに愛されてきた。店内の18席は閉店を惜しむ客で連日満席が続いている。

■安くてうまくて、大盛りで

 大学の北門から都電の早稲田停留場の方へ歩いてすぐ。雑居ビルの1階に洋食店の看板がある。

 「キッチン エルム」

 L字形の黒光りするカウンターに10席と、奥に4人掛けのテーブルが二つ。ポークカレー、ナポリタン、カルボナーラ……。9種類のメニューは400~650円で、それぞれ大盛りは100円増し。この店では《大盛り=2倍》だ。

 「安くて、うまくて、ボリュームがあって。学生さんの店だから」と店主の山口勝見さん(71)。仙台市の米農家に生まれ、中学卒業後、コックを目指して上京した。最初に築地の洋食店で働いた後、「山手線のほぼすべての駅の洋食店を渡り歩いた」。エルムを開いたのは38歳の時。店の名は、大きく育つ楡(にれ)の木(エルム)からつけた。

 男手ひとつで長男を育て、暮らしは決して楽ではなかった。だが消費税率が5%、8%と上がっても、開店から値上げしたことは一度もない。「学生さんが9割。お金がなくても、おなかを満たせる店にしたかった」。定休の日曜に趣味の競輪や競馬に通い、勝てば家計の足しにした。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら