[PR]

 世界遺産のある街のお土産にネジ形チョコレートはいかが――。官営八幡製鉄所の関連施設が世界文化遺産に登録されたのを受け、北九州市の菓子店が今月、製鉄所をイメージした「ネジチョコ」の販売を始めた。ボルトとナットの形をしており、締めて遊ぶこともできる。3日に販売を始めてから売れ行きは好調で、ネット注文では品切れが続いている。

 企画したのは通信機器販売などを手がける「OAセンター」(同市小倉北区)の吉武太志社長(43)。「鉄の街、ものづくりの街をイメージできて、小さな子どもも楽しめるお土産を作りたい」と昨年10月から開発に取り組んだ。

 「明治日本の産業革命遺産」の一つである官営八幡製鉄所旧本事務所(同市八幡東区)を見学したり、製鉄所の歴史を学んだりしてネジ形チョコレートの構想を温めた。OAセンターが直営する菓子店「グランダジュール」が作った。

 型は3Dプリンターで作成。普通のチョコレートと、鉄のサビをイメージしてココアパウダーを振ったものの2種類を商品化した。27個入りで864円(税込み)。

 同市小倉南区と小倉北区にある…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら