[PR]

 台風の日も酷暑の日も、沖縄・宮古島で20年以上にわたり街頭で交通安全を呼びかけてきた「宮古島まもる君」が今月2日、軽乗用車にはねられ、全治2カ月の「大けが」をした。署員は「はねられたのが通行人だったら大惨事。身代わりになってくれた」と感謝を口にする。みやげ物にもなっている島の名物キャラクターの一日も早い復帰を関係者は祈っている。

 沖縄県警宮古島署によると、事故が起きたのは2日午前11時5分ごろ。宮古島市平良の県道交差点で、乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突。はずみで飛び出した軽乗用車に、路肩に立っていたまもる君がはねられ、足元から折れてしまった。いまは署に「入院中」。22日には、下地敏彦市長が「島民の身代わりになり、身をていして助けてくれた」と、黒糖を手に見舞った。

 身長180センチほどのグラスファイバー製人形が島にやってきたのは1991年。当時、事故が多発し、地区交通安全協会(安協)が啓発のため設置したのが始まりだ。安協によると、人形を警察官と間違えた運転者が速度を落とすため、立て看板より事故の抑止効果があるという。実際、事故多発場所に人形を移すと事故が減るのだという。

 その後、人形は増え、現在は女性警察官の「まる子ちゃん」1体と合わせ、計20体で島を見まもる。設置場所を変える時は人事異動が発令され、辞令も交付される。

 夏でも25年前の警察の冬制服をまとい、南国の日差しの下にいるのに色白。署員いわく「それぞれ微妙に違う顔」だが、基本は無表情。直立不動で、どこかぎこちない。その素朴な姿が親しまれ、島民の間から「宮古島まもる君」という愛称が湧きだし、定着したという。

 ちなみに19体あるまもる君だが、実は1体ずつ別名がある。今回、事故にあったのは「ひとし君」という。

 そんなまもる君に転機が訪れたのは2009年。安協が、まもる君のお守りストラップを限定販売すると大人気に。民間業者からグッズ開発の打診を受けた安協は、交通安全の呼びかけ文を入れることを条件に認めることにした。今では、まもる君をあしらったお菓子やキーホルダー、ピアスや泡盛などが土産物店に並ぶ。

 本州の工場出身だが、12年1月には市に特別住民登録された。沖縄の中でも特有と言われる宮古方言もたくみに操り、「ぬんつかーぬぅらんどぅ(飲んだら乗るな)」と訴える。

 いまや観光客にも知られる存在。交差点で見つけ、記念撮影する人もいる。安協の砂川米子事務局長は「まもる君がいる場所は事故の多い場所。見つけたら、まず運転に注意して、事故に気をつけて」と呼びかけている。(岡田玄